琥珀ブレスレットを購入、ジュラシックパーク、あまちゃんで気になったので

琥珀ブレスレットを購入、ジュラシックパーク、あまちゃんで気になったので

『あまちゃん』に出てくる琥珀は日本の久慈ですが『ジュラシックパーク』のはどこなのでしょうね? 世界に出回っている琥珀の多くはバルト海沿岸地域かドミニカ共和国と言われているのでそのあたりでしょうか?

今回購入した琥珀はバルト三国のリトアニア産でした。初琥珀体験なのでリーズナブルなものを選びました。しばらく使ってみて気に入ればもう少し高価なものを購入しようと思います。

琥珀ブレスレットを購入しようと思ったわけ

もともとブレスレットなどの装飾品にはそれほど興味はなかったのですがジュラシックパークやあまちゃんに触発されて琥珀に興味を持ち一冊の本を読んだのが購入のきっかけです。

その本は

琥珀 (飯田孝一 宝石のほんシリーズvol.1)

ですが、この本によると琥珀には装飾品以外にも様々な使いみちがあることがわかりました。

中国では漢方薬として鎮静作用、不眠解消、腹痛の治療に効果があるとされています。また、戦時中、日本では船底の錆止めとして使用されていました。そんな中私が一番注目したのは「医学の父」と言われているギリシャの医者、ヒポクラテスが言ったとされる「琥珀のビーズを身に着けていると頭の疲れや喉の痛みが和らぎ確かに体の調整に効くようだ」という言葉です。

この言葉はなかなか興味深かったので試してみることにしました。

注文した翌々日に到着しました。
琥珀ブレスレット

中はこんな感じです。シンプルですね。

包装もシンプルです。

保証書です。

保証書の裏です。宝石の種類、ランク、産地が記載してあります。この琥珀はリトアニア産のようです。
琥珀ブレスレット

いよいよ実物です。実物を見てみるとやはり4mmは少し可愛すぎますね。でも色は綺麗です。流石にこの小ささだと虫は入っていないようです。

実際の付けてみた様子はこんな感じです。男性用としては小さめですが、謙虚で控えめな私のような(笑)方にはお奨めです。また、男性用となっていますが女性にも良いと思います。
つけ心地

アクビックスを選んだ理由

やはり、琥珀の専門店ということで安心感がありました。琥珀も他の宝石同様残念ながら偽物も出回っているようです。ただ、琥珀の場合飽和食塩水に浮かせたりアルコールをつけたり、火で炙ったりして損傷を覚悟すればかなりの確率で偽物が見破れるようです。

そこで琥珀の専門店が致命傷になりかねないリスクを犯してまで偽物を売るようなことはしないだろうと考えたからです。見た目だけなら現在の技術では本物と遜色のないものが出来るようですが今回この琥珀ブレスレットを購入した目的は装飾品としてではなく琥珀の効果を確かめるためなので本物でなければならないのです。

今回私が購入したものはこちら↓。

しばらく使ってみた感想

冒頭に書いたように装飾品としては興味がなくヒポクラテスの言葉に興味を惹かれ琥珀ブレスレットを付けてみたわけですが、ヒポクラテスの言葉は私には真実に思えました。

実は50肩なのか分かりませんが両肩に痛みがあったのですがブレスレットを付けている側の肩の痛みが緩和されたのです。もしかして自己暗示のようなものかもしれませんがこれは確かでした。

古代から王侯貴族や時の権力者は琥珀に限らずいろいろな宝石を身にまといました。宝石は権力や富の象徴として好まれた以外に不思議な力が宿る石として権力者たちを魅了したようです。

琥珀以外の宝石もにも装飾品としてではなくパワーストーンとして興味が湧いてきました。次は誕生石のサファイアあたりを買ってみようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする