ヘッドセットは片耳タイプがお奨めです

ヘッドセットは片耳タイプがお奨めです

使用目的にもよりますが長時間使用する場合、ヘッドセットは片耳タイプが疲れなくてお奨めです。

長時間とはだいたい1時間以上です。

ヘッドセット購入の動機

パソコンを買ってしばらくはヘッドセットなどは使いみちもわからなかったので存在自体は知っていても買おうとは思いませんでした。

最初のヘッドセットはオンライン英会話を始めるにあたって必要だったので購入しました。購入するにあたって少し調べた結果オンライン英会話に使用するのには安いので十分ということでしたのでエレコムのELECOM ヘッドセットマイクロフォン 両耳オーバーヘッド 1.8m HS-HP22SV 、これ↓を購入しました。
エレコムヘッドセット

Amazonで買った時のメールを調べたみたところ872円でした。当初(3年位前)のオンライン英会話は通信環境が悪かったせいかこちらの声が届かなかったり相手の声が聞こえなかったり結構トラブルがありました。

そんなこんなでヘッドセットも幾つか買ってみました。

エレコムのも872円という激安値段の割にはそれほど悪いということはありませんでした。ただ、やはり、若干音がこもるような感じはありました。

それとこれはうちのパソコンが原因なのかもしれませんがオーディオプラグ端子ではうまく音の入出力ができなかったのでUSBオーディオ変換アダプタこれ↓を購入しました。
変換アダプタ

次に買ったのがサンワサプライ USBヘッドセット MM-HSUSB13BK ¥ 2,213 です。これ↓
サンワサプライ片耳タイプ

これは当初片耳タイプとは知らずに買ってしまって後悔した覚えがありました。

音はそこそこクリアで満足していたのですが、当時のオンライン英会話で時々トラブルがあったのでヘッドセットが悪いのかと思いもう一つ【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット PC310¥ 6,021も買ってみました。これ↓
ゼンハイザーヘッドセット

これはこの中で一番高いのですが見ての通りごついので長時間つけていると疲れます。オンライン英会話を一時間程度するには周りの音も遮断され良いと思います。

しかし、後からわかったのですがオンライン英会話での音のトラブルは原因は回線スピードに問題があったようです。その当時うちの回線はADSLで時々異常に遅くなることがあったのです。

ヘッドセットに嫌疑をかけて申し訳なく思います。まあ、でもそのおかげでヘッドセットに少しだけ詳しくなりました。

ヘッドセットの使用目的

オンライン英会話

先に書いたようにヘッドセットの使用目的は当初オンライン英会話でした。そして使っている内にいろいろ便利な使いみちを発見しました。

辞書をひく際の音声入力

オンライン英会話ではやはり予習も必要なので辞書を引く機会も増えます。それまではほとんど音声入力などしたことはなかったのですがヘッドセットを付けていると簡単に出来るのでやってみたところ非常に便利なことに気づきました。

Google検索はタイプするより音声入力の方が断然早いです(私の場合)。以前から日本語での音声入力はかなりの精度でしたが、英単語を調べる際の英語入力は私の発音に難があったせいかなかなか正しく認識してもらえませんでした。

しかし、最近は英語でも日本語には劣りますがなかなかの精度で認識してもらえるようになりました。

これはおそらく私の発音が良くなったというよりはGoogle側で調整したのだと思います。

YouTube動画を見る

別にスピーカーで聞いても良いのですがヘッドセットになれると周囲に気兼ねなく好きな音量で聞けるので便利に感じます。そんなわけでパソコンで音楽を聞いたり動画を見たりする時は最近はいつもヘッドセットを使います。

ホームページを読む

これはどういうことかというとテキスト読み上げソフトを使います。

最初はかなり長期間こちら↓の『VOICEROID+ 民安ともえ EX』を使っていました。

最近は『WorldVoice 日本語2』を主に使っています。これ↓

両者の主な違いは『VOICEROID+ 民安ともえ EX』は一旦ホームページのテキスト部分をコピーして『VOICEROID+ 民安ともえ EX』に貼り付ける必要があります。

一方、『WorldVoice 日本語2』はサイトの読ませたい文字をドラッグして選択すればその場で読み上げてもらいます。

また、読み上げ速度も後者の方がかなり速く(聞き取り困難なくらい)設定できるのに対して前者はそこまで速くは設定できません。

また、『VOICEROID+ 民安ともえ EX』のメリットは音声をwaveファイルとして保存することが出来ることです。『WorldVoice 日本語2』はできません。ただこれはBandicamなど別のソフトを使えば済むので問題ありません。直接mp3にはできないので一旦mp4で保存してフリーソフトでmp3に変換します。その後Windows Media Playerなどを使ってCDに焼くことも可能です。

『VOICEROID+ 民安ともえ EX』や『WorldVoice 日本語2』はホームページのみならずテキスト(日本語)であればなんでも読んでくれるので非常に便利です。

キオークマン的な使い方もできる

キオークマンとはご存じない方もいらっしゃると思いますがこれ↓です。

キオークマン7 フルセット SH-9501AC 暗記力強化に効く ヘッドセット型学習器 Eテレ テストの花道で紹介されました

ひとことで言えば記憶したいこと(英単語や年表など)を自分の声で聞くことにより記憶しやすくするという装置です。でも、ヘッドセットとパソコンがあればほぼ同等のことができます。

パソコンの設定をちょっとだけいじる必要がありますが、「マイク 自分の声 聞く」などと検索すれば詳しく解説したサイトがたくさんあります。

マユツバに思われるかもしれませんが実体験から確実に効果はあると感じているので受験生や資格試験を考えている方にお奨めです。

このように様々な目的にヘッドセットを使っていて便利なので結構長時間装着していることが多いのです。そうすると大きく重いものは鬱陶しく感じるようになります。

そういうわけで小型で軽いものがお奨めなのです。

先日、長年愛用していたサンワサプライの片耳タイプのヘッドセットが壊れました。耳に当たる部分のスポンジはだいぶ前に取れてしまっていて長時間装着していると少し痛くなるようになっていたのでそろそろ買い換えようかと考えていた矢先です。

どこかのレビューで断線しやすいということは知っていたので引っ張らないように気をつけて使っていましたがついに断線してしまったようです。3年以上もったので十分だとは思います。

そして今度もまた片耳タイプにしようかとも思ったのですが、小型のヘッドセットであれば両耳タイプでもそれほど鬱陶しくないのではないか? と考え両耳タイプにしてしまいました。

ところがやはり、両耳タイプは小型でも長時間つけていると片耳タイプよりも断然鬱陶しく感じます。やはり、片耳タイプにすべきだったと後悔しました。今回購入したものはこちら↓
サンワサプライ

ヘッドセットは使用目的にもよりますが私のように長時間付ける場合はこちら↓のような片耳タイプをお奨めします。
※2018/03/14追記:最近はこちら

※2018/03/14追記:最近はマイク付きイヤフォンはキオークマンの代用品に最適に書いたようにマイク付きイヤホンを使っています。

まとめ

いかがでしたか? このようにヘッドセットは私にとってテキスト読み上げソフトとセットで日常生活に欠かせないツールとなっています。

まだ、使ったことのない方は使ってみたほうが良いですよ。僅かな投資で忙しいあなたの生産性が向上すること請け合いです。この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき有難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする